民泊とはホテルや旅館に宿泊するのではなく一般の住宅に宿泊することを指します。民泊はホテルや旅館と違い住宅を貸しだすため、宿泊場所の住宅の清掃や整備などもしなければならず、所有者の負担になりかねません。

現在インターネットの普及により民泊希望者が増えつつあり、一組の希望者を受け入れ後その希望者が帰ってからまた新たに希望者が訪れます。その都度清掃や室内整備をしなければならず大変です。民泊には様々な種類があり、家主居住型は民泊先になっている住宅に家主と一緒の住宅に泊まることを指します。その場合家主が民泊に使用している住宅に生活をしており、民泊希望者には住宅の一室を貸し出すというタイプが多いため家主側のプライバシーが守られるかが心配な点でもあります。

また外国人観光客を受け入れる場合英語やフランス語・中国語などの習得も必要になるためその勉強もしなければならず大変です。予約の管理も業者が間に入ってくれる分には問題ありませんが、自分で管理しなければならない場合は自分でホームページを作成しそれに伴う予約管理システムを構築しなければならず、一層負担が多くなります。

私は民泊よりも、しっかりとサービスが行き届いたホテルや旅館に宿泊したほうがいいのではないかと思います。(50代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.