私は民泊というシステムを利用することに賛成です。
オリンピックに向けて、そのあともそれだけの需要があるのかないのか分からないような状態でホテルをはじめとした宿泊施設を建設するのはおかしいと思っています。何よりも宿泊費の高騰が、オリンピックを生で見てみたいという関東地方以外に暮す日本人や、海外からの観光客には厳しい出費となると思うからです。
ホテルなどの大型宿泊施設では、どうしても宿泊者は従業員との距離が出来てしまい、どれだけ「おもてなし」を前面に出していても、多数の宿泊者を次々とさばいていくような感じが否めないと思います。民泊であれば1人当たりの接する人数の数が違うので、もう一歩踏み込んだ話が出来たり、質問や相談にも気軽に答える機会がたくさんあると思うからです。
お客様という立場で日本に滞在をするのも楽しいとは思うのですが、どこの国に行っても似通った設備が提供されるホテルなどの施設ではなく、民泊を利用することで、一般家庭ではどんな暮らしをしているのかということを実体験できるというのも旅行の楽しみになると思います。色々な国や地方をまわれば、その地域の特性・個性を経験出来るというのが、その値段以上にある民泊の魅力だなと思います。
(20代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.