ホテルではなく民家に宿泊する民泊は費用を安く抑える事が出来る、自炊をする事が出来る、部屋の貸し手の人と交流する事が出来るなどメリットになる点が多いですが、問題点もあるので基本的に民泊する事は反対です。
民泊をすると考えられる問題点をいくつか挙げてみましょう。
【宿泊費用でトラブルになる可能性がある】
ホテルなどは宿泊料金が設定されているので宿泊費用が高くなってもトラブルになる事は少ないですが、民泊をする時は明確な宿泊賞金が設定されていないのでトラブルになる可能性が高いです。民泊をする時も宿泊費用の相場価格を定めておくべきです。
【部屋の使い方が酷い可能性もある】
民泊をする人にモラルがあれば部屋を使用する時も問題ありませんが、モラルのない人が民泊をする事もあるので部屋の使い方が酷くなってしまう可能性もあります。部屋の中にある物を壊されてしまったりする事もあるので民泊をする時の問題点になります。
【旅館業界から苦情を言われる可能性がある】
民泊をする事でコスト面でメリットになるので利用する人が多くなると旅館業界にとってはデメリットになってしまいます。それにより旅館業界から苦情を言われる可能性があるのでトラブルに発展してしまう可能性もあります。民泊を提供している人と旅館業界がバランス良くサービスを提供していく必要があると思います。
民泊に関するルールがない中、どんどん民泊が増えていくことは不安であることは否定できません。
(40代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.