一見知らない外国人が泊まりに来るから危ないように見えますが、受け入れの体制がしっかり整っていれば特に問題ないと思います。
日本人は単一民族のため、基本的に家に他人を入れたがらないのですが、国際化が進む中でそういった意識が日本人が中々グローバルになれない原因となっております。まず民泊者が泊まる部屋を整備し、トイレや風呂など使ってもいい施設を民泊者へ案内します。そして民泊者が家に来たら、ルール説明をしっかり済ませお互いのプライベートな空間を確保出来れば、そんなに難しいことではないように思います。
どんな外国人が泊まりに来るか分からないという不安もありますが、それは日本人の場合でも同じです。部屋に鍵をかけたり、金目のものは金庫に入れるなど、セキュリティについても対策は必要です。これらの項目をクリアすれば、民泊者は安値で宿泊できますし、民泊を提供する側も、少ない労働力で賃金を獲得出来ます。これによってオリンピックのホテル不足を解消する糸口にもなるため、日本の経済効果に貢献出来るでしょう。
まず第一に日本人にとっての悪いイメージを払拭することが先決でしょう。子供が自立した後の一軒家など、住居の新たな活用にはもってこいではないでしょうか。
(30代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.