民泊は提供する側も泊まる側も正直抵抗があります。理由として、少し怖いと感じる事が一番です。見ず知らずの人を自分の家などにあげるのはとても怖いと思います。変な人が来る可能性もあると思うし、特に外国人の場合は日本でのマナー等を知らない事も多いと思うので、どんな風に部屋を利用されるか分からないという心配もあります。何かを汚されたり壊されたりしても言いにくいですし、泣き寝入りという事にもなりかねないと感じます。
メリットとして泊まる側としては安さ、提供する側としては収入になるという事を挙げる方もいますが、補償がないと考えた場合にそれが本当にメリットになるのか、と考えます。提供した部屋を汚く利用されたり物を壊されて泣き寝入りした場合、安く提供した部屋代で元をとれない事もあると思います。泊まる側としても、きちんとした人という補償もない人の家に泊まるのは不安ですし、自分に見に覚えのない請求を後からされたら等様々な心配が頭をよぎります。
誰でも気軽にできてしまうような民泊は本当にどんな人が行っているかもわからない為、私自身は今後も利用する気はありませんが、泊まる側も提供する側も自己責任という意識を持って行う分には自由だとも思います。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.