ホテルよりも安い価格で宿泊できることが魅力の民泊ですが、住民視点で不安な問題があるので反対派です。
マンションに住む身としては、隣人が頻繁に民泊で部屋を提供していたら不安に感じます。民泊は利用者の身元チェックが制度化されていないので、誰でも部屋を借りることができます。ホテルも身元チェックは甘い部分もありますが、24時間体制でセキュリティを強化しているので、不安感は少ないです。
しかし、通常のマンションの一室だと、セキュリティ管理もホテルに比べると不安です。賃貸契約者は身元が確かなので、部屋で騒いでいても注意しやすいですが、民泊利用者はどのような人物が泊まっているのか検討もつかないので注意がしにくいです。部屋で騒いだり、ベランダでタバコをポイ捨てして階下の住人に不快な思いをさせるなどのトラブルが想定できます。その場で注意できれば民泊利用者の責任として受けとめられますが、後日トラブルに気付いた場合、民泊の部屋提供者に苦情を告げると確実にトラブルになるでしょう。民泊時のトラブルの責任の規定がないので、誰に責任を追及したら良いかわかりません。
民泊がこれ以上広がりを見せるならば、早急に法整備が必要だと思います。
(40代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.