私は民泊反対です。私自身が通っている会社でも民泊の清掃と言う業務がありましたがまず日本人と外人では文化が違い過ぎるので色々と問題が発生した為に民泊部門は閉鎖されることになりました。民泊に反対するのにはそれなりの理由が存在しますので下記に記載したいと思います。
【1】時間の問題
基本的に日本人はチェックインやチェックアウトに関して時間をきちんと守るのですが外国の方は早く泊まり遅く出ると言う問題が大きかったです。この方法をされてしまいますと10時から2時までの清掃の時間が短くされてしまうと言う問題が発生してしまうのです。清掃業者に委託しても何処の業者もこの事に不満を言ってきて最終的には契約破たんになります。
【2】文化の違い
この問題はビジネスホテルでも同じと言えるのですがまずお風呂に浸かると言う習慣が無いのでほとんどの部屋の浴槽をユニットタイプに切り替えなくてはいけません。基本的に外国の方はシャワーで体を洗う習慣が多いので浴槽の変更を強いられます。民泊をするのにもお金がかなり掛かると言う事です。
また基本的には部屋に入っても靴を脱がないので部屋がすぐに汚れてしまいます。フローリングやPタイルに張り替えておく必要がありその予算は莫大な物になります。以上の事を踏まえたうえで利益率の少ない民泊をする必要があるとは思えません。
(40代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.