民泊には一応賛成です。民泊への規制を緩和すれば、入居者のいないアパートからも効率的に収入を得ることができるからです。それに観光地によってはホテル不足のところもありますよね。民泊物件がもっともっと増えれば、受け入れ数をさらに増やすことができます。受け入れ数が増えれば、その分観光客による飲食や交通費などの経済効果が見込めます。
また、ホテルの場合は一旦建ててしまうとホテル以外の利用はできませんが、民泊は一旦民泊として貸し出してみてもし何か問題があるなど何らかの理由で辞める場合も辞めやすい(また通常の賃貸として貸し出すことができる)からです。
その点ではフレキシビリティがあるのではないでしょうか。それに外国人の、特にバックパッカーの方々は、もっと日本の人(地元の人)と触れ合いたいと希望している人が多いと思います。その点でも民泊は外国人観光客と触れ合う、より密度の濃い「おもてなし」ができるはずです。民泊に反対する人の意見として多いのは、治安が悪くなるのではないか、騒音やルールを守らないゴミ出しなどが不安だ…という点だと思います。その点においては、出来る限り事前に本人確認などのチェックを厳しくしておく、契約書のようなものを交わすということで多少は防げるかと思います。
(30代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.