私は民泊自体は決して反対ではありません。私自身、どこか旅行へ出かけたときにはホテルや旅館といった宿泊施設よりも一般的な住宅で安く泊まれるなら、そちらを選びたいと思っていますし、民泊ならではの良さというのもあると思います。
ただ、個人が宿泊料を取って泊めることは、旅館業法に触れる恐れがあり、ビジネスとして行うのであれば、やはり届出は必要だと思います。またもし仮に届出を出していたとしても近隣住民に迷惑をかけようものなら、やはり行ってはいけないと思います。ですから民泊自体に反対ではないものの、近隣住民とのトラブルやその他の問題がクリアにならない限りは決して諸手を挙げて賛成というわけにはいきません。ただし近隣とのトラブルが起こりえないような場所であれば、民泊はメリットのほうが多いのではないかと思います。たとえば空き家や古民家などを活用できるという点ではとてもいいことだと思うし、また投資目的で購入し誰も住んでいないような住宅を活用するという点でも良いのではと思います。
でもどちらにしろこれから民泊はさらに増えていくだろうと思うし、それに伴っていろいろなトラブルが起こるのは避けられないだろうと思います。でもそれは旅行客側のモラルに期待するしかないのかもしれませんね。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.