私個人として民泊をやるつもりはありませんが、やりたい人がやる分には賛成です。
日本は鎖国してきた歴史もあり、あまり海外との密接な繋がりを持ってきませんでした。現状でも移民はほとんど受け入れておらずこのことに関しては世界一内向きな国家と言ってもいいと思います。しかしながら現在の日本は少子高齢化が如実になってきており、人口が下がり続けています。出生率も右肩下がりに歯止めが効かず人口は逆ピラミッド化してしまっています。この現状を打破する為には移民を受け入れるしかないと思います。遅かれ早かれ移民を受け入れなければならなくなるはずです。それならば早くから外国人に慣れていくことが重要だと考えます。その外国人への慣れに重点を置いた場合、民泊というものは都合がいいはずです。民間のところに泊まることで外国人と交流が図れると思いますし、宗教や考え方に理解が深まると思います。
また、外国人の方にも日本とはこういうものだ、日本人とはこういった考えを持っているなど日本に対する理解も深まると思います。民間自体に賛否はあるとは思いますが、やることのメリットは非常に大きいと思います。外国人を受け入れる心を早くから育成するためにも民間には賛成です。
(20代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.