民泊はこれからの日本の経済を今まで以上に活性化させる良い方法です。政府はどんどん民泊に関する規制を緩和し民泊の市場をどんどん盛り上げていくべきだと思います。
これから日本はラグビーのワールドカップや東京オリンピックなどが開催され今まで以上に外国人が日本に行ってきます。さらに世界では経済的に裕福な国がどんどん増えてきて観光目的で日本を訪れる人が年々増えています。それに対してホテルの数が足りなくなっており泊まるところが足りなくなっています。
ホテルをたくさん建設すれば良いではないかという意見もあるとは思いますが今後何らかの要因で観光客が激減する可能性もリスクに入れておかなければいけません。そうなってしまうと建てたホテルは利用されなくなり宿泊率が減少し経済が停滞してしまう可能性があります。そこでうまく活用できるのが民泊なのです。民泊は個人の家を宿泊場所として貸し出すため既に住居があるので新たにホテルを建てる必要はありません。それだけでなく日本の空き家率はどんどん増えているのでこの空き家を利用しなければ資産を全く運用できていないのと同じなので経済の活性化ができなくなってしまいます。
最近では日本の古い住宅に価値を見出している外国人もたくさんいるので民泊はどんどん行っていくべきだと思います。
(20代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.