初めて民泊というものを知った時に、いいシステムだと感じました。
子どもが自立した後に自分の家に空きスペースがあって持て余している人が、そのスペースを有効活用することが出来ます。価格もリーズナブルですので、安くで旅行をしたいという若年層のサポートをすることも出来ます。お互いがウィンウィンの関係を築けるというのは良いですね。
民泊がメジャーになったとしても旅館などが潰れるとは考えにくいですし、価格は大抵二極化するものです。お金を払って高級なサービスを受けたい人は旅館に行くだろうし、手軽にアットホームな雰囲気を楽しみたいという人は今後も少なくはないはずです。
また、日本では空き家問題がありますが、自分の実家などが空き家になってしまって持て余しているという人が民泊サービスをすることで、空き家を無駄にすることなく有効活用することも出来ます。毎日宿泊サービスをすることが難しくても、月に何日かだけ宿泊サービスを行って固定資産税などを支払うことが出来れば、空き家の問題もある程度解決しそうにも思えます。
税金や旅館とのサービスの差別化など問題もあるでしょうが、もっと民泊への敷居が低くなれば、外国人観光客を過疎の地でも受け入れやすくなるように感じます。
(40代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.