以前、所用で都内に1週間ほど滞在しなければならなくなったのですが、ホテルの空きがなく、あってももの凄く高い部屋しかなかったため、どうしようかと迷ったことがありました。その話を関東出身の知人にしたところ、知人の母親のマンションが空いているから利用していいよという返事をいただきました。知人は少し離れたところに住んでいるのですが、空いている部屋は都内にあり、用のある所にも近く、ありがたく使わせていただきました。
ワンルームですが、キッチン、お風呂ももちろんあり、ほとんど寝るだけでしたが、快適でした。知人の母親が住むために購入したらしいのですが、体調が思わしくなく、しばらく介護施設に入っているために、空きになってしまったとのことでした。いつか戻ってくるだろうとそのままにしてあるそうです。親しい知人ではありますが、一時ワンルームをお借りすることは、やはり気を遣いました。
しかし、知人はワンルームを有効活用する方法はないかと考えていたらしく民泊という手段も検討していました。
短期間なら、ホテルより格安に貸すことで、人の役に立てるのならという思いがあったようです。 私の周りには、一人で何軒もの空き家を抱えている人達もいます。更地にすると税金が高くなるし、買い手もつかないそうで、結局そのままにしておくしかないという話でした。
ならば、調べればたくさんあるだろう都内近郊の空き家を民泊に活用できるのではないかとも考えます。都内は特にホテル不足ですし、快適なホテルライフを楽しむというのならば別ですが、寝る場所さえ確保できればいいという人達には、空き家を泊まる場所にという選択肢もあっていいのではないでしょうか。民泊には規制も様々ありますが、「空き部屋」「空き家」をどうぞと考えている人達は結構いると考えます。民泊の提供窓口が広がったら、泊める方も泊まる方も助かるのではないでしょうか。
(30代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.