私が民泊を賛成だと考えるのは、海外でホームステイをした時と似ていると思うからです。
もしアメリカへ行ってホームステイをした場合と、たとえ格安であってもホテルやホステルに滞在したときの場合とを比較して考えてみたのです。ホームステイをしたときのほうがはるかにコミニケーションするための英語が上達し、人との接し方においても学ぶことが本当にたくさんあります。
日本において民泊と聞くとなんだかまだまだマイナスなイメージを持つ場合が多くありますが、低価格で日本の生活を直に体験しながら宿泊できる施設があれば、海外から来た人はもちろん喜びますし、日本に住んでいる人であってもまるで自分の家にいるかのようなくつろぎ感を得られて、リラックスしながら宿泊滞在できると思います。
民泊ならではの良さは、暖かくてアットホームな雰囲気だと思います。ホテルやその他の宿泊施設では得られない、お金で買えない価値だと思います。セキュリティー面や安全性等についてはまだまだ工夫が必要かもしれませんが、民泊にはそれを上回る良さがあります。もっと民泊を日本全国に広めて、誰でも気軽に泊まる場所が増えたら、日本全体が活気づくことを期待しています。
(20代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.