民泊は確かに外国の人からしたら安くて泊まる事ができるので、旅行するときにはとっても役に立ちます。しかし、泊まらす側からしたら危険な事がたくさんあるので反対派です。
世界からしたら日本人のイメージは「おとなしくてお金持ち」というイメージがあります。なので、民泊を装って家の主が襲われる可能性だって大いにあります。民泊は一般人の家に外国人を泊める事になります。もしその家の主が若い男性ばかりならば、外国の人に襲われても戦えますが、そこの家の主が女性だったら年配の人だったら、襲われた時に対応ができません。
警察を呼ぶにしろ、警察を呼んで駆け付けたころにはもう逃げている可能性の方が高いです。民泊が流行する事によって治安が悪化する可能性があるかもしれないので、私はあまり民泊には賛成できないです。
もちろん、民泊を使う外国の人の中にも、良い人はたくさんいます。純粋に日本人の家に泊まりたかったり、安く泊まれる民泊に魅力を感じてる外国人も多いと感じます。しかし、犯罪目的で民泊を行わない保証はないです。それでは、どうすれば民泊は安全になるか。家の主を守る意味でも、民泊では「ボディーガード」を設置すれば安全性は保てると思います。
詳細な規則やルールが決まるまでは「賛成」とは言えません。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.