東京オリンピックではホテル不足に陥ることが用意に想像できるため、宿泊できる環境を少しでも増やすという意味で民泊には賛成です。
実際に自分が泊まる宿がなく困っていたとしたら、民泊はとても助かるシステムだと思うからです。ホテルのような特別なサービスがついていなくても、泊まることさえ出来れば良い、折角だから日本の生活により近づきたいという方は少なくないでしょう。なにも日本が初めてというわけではなく、海外では既に普及しているのですから民泊を日本でも定着させるメリットはあると思います。
しかし日本人に馴染みがない分、突発的に初めても上手くはいかないかもしれません。反対派の多くが意見しているように、不用意なトラブルを生み出さないよう工夫する必要は大いにあります。それには日本人ならではの考え方で得意なルールを作った方が良いと思います。民泊を普及させると言っても、海外の真似をするのではなく日本が行いやすい方法に変えるのです。奥ゆかしく相手のことを尊重する文化を持つ日本ですから、きっと海外の民泊利用者の理解も得られるのではないかなと思います。
民泊から心配されるデメリットよりもメリットを大きくする為に努力はすべきですが、その価値はあると思っています。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.