日本の多くの観光客が来てくれるのはとても喜ばしい事だと思います。ただまだきちんと制度が整っていません。旅館、ホテルを経営する人にとっては痛手です。しかし、時代が変わり新たな産業が産まれる事はごく普通の事です。願わくば制度がきちんと整って、申請も頑張れば出来る程度のなり、多くの人の認知があれば上手に活用できる分野だと思います。
旅館には旅館のホテルにはホテルのそして民泊には民泊のいい所、悪い所があります。選ぶ顧客が色々選択出来るのは新たな産業が産まれる魅力の一つです。民泊を取り入れる事で個人の収入は増えます。初期投資に個人の消費は増えます。それで停滞していた経済が少し動き、外国からのお金が日本で使用されるのは喜ばしい事です。また、新たな産業の進出で新たな会社が出来ます。雇用も促進されます。色んな物が少しずつ調整されて増えすぎた不要な同じサービスは淘汰されるかもしれません。しかし、それはそれらを望んでいた人ばかりでは無かったと言う事実が浮き彫りになっただけです。本来も希望の形の所に顧客が流れついた結果です。外国人特にアジア圏内のマナーの悪さの指摘もありますが、昔の日本人も同じだったと聞きます。自分たちの事を棚に上げるのではなく文化の違いをしっかり理解しなくては家kないのだと思います。インターネットで容易に繋がれる世の中になりました。島国で閉鎖的な国ですが、魅力に感じてくれる人が沢山いて、その人が希望する宿泊の形があるならそれを容易するのはおもてなしの一つなんではないかと思います。泊める側も文化的な事も経営の事を学ぶいい経験になると思います。
(30代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.