私は実際に海外でAirbnbを利用した民泊体験者で、民泊システムには賛成です。
民泊システムは、ホテルや旅館などに滞在するのと違って、その土地であたかも暮らしているような疑似体験ができるという点で、新しい旅行のカタチを生み出すきっかけになると思います。例えば以前であれば、全く縁もゆかりもない人のお宅に滞在するためには、ホームステイをしている家庭を探すなどしか方法がなく、実際にホームステイを提供している家庭はそれほど数はありません。しかし今ではこの民泊システムがあるおかげで、事前に自分が宿泊する環境や家庭の家族構成をチェックし、簡単に宿泊先を探すことができるのです。
ただ、ネット上でのやり取りのみで自分の家に赤の他人を受け入れるということに、まだ日本の家庭は抵抗を感じる人が多いのも事実だと思います。このような抵抗感を拭うためにも、受け入れる日本人家庭が安心して旅行者を迎え入れられるようなしっかりとした認識システムや罰則規定を設けることが必須になります。
日本の文化は他国の文化とは違い、非常に特徴的で外国人には魅力があるものです。このような素晴らしい文化を直接体験し、もっと日本の良さを知って頂くためにも、双方にとって快適な枠作りを進め、このような民泊システムが定着化していくことを期待したいです。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.