私も民宿に宿泊したことがありますが、良い民宿だったと思います。もちろん、旅館やホテルにも泊まった経験はありますが、民宿にも、大きな宿にも、それぞれの良い所があると思います。
たとえば、旅館の場合は、趣があり、シックな雰囲気が素敵です。ホテルの場合は、用途によって様々な種類と価格帯を選べる所が利点だと思います。民宿の良いところは、価格が安いということと、その民宿の経営者との距離が近いという所だと思います。民宿は親戚の家に泊まりに来ているような雰囲気があります。ホテルなどに比べて、施設の管理の仕方が行き届いてないということもあるかも知れません。例えば、私の泊まった民宿は、押し入れの戸を取り払い、上段にテレビを置いていました。恐らく経営者さんが、少しでも部屋を広くするために自分で改造した感じでした。あと、ベランダが老朽化しており、若干不安でした。(見た目の問題で勿論、乗っても大丈夫でした)しかし、価格も安いですし、経営者の方とのやり取りも楽しめます。部屋数が少ない分、やり取りも濃く、親身な対応をしてくれる宿も多いと思います。オーナーの個性が宿にかなり反映されていると思います。
そして、民宿の朝ごはんが美味しかったです。地元でとれた魚が特に美味しいです。それに施設自体はボロくても、景色が良い宿は最高です。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.