近所の家にいつの間にか知らない人が泊まっているなんて不気味で仕方ないですし、海外からの旅行客が利用すると近隣住民との問題が頻発しそうで心配です。
また、犯罪の温床になりそうなのも心配です。フランスのテロで犯人は民泊を利用して潜伏していたというようなニュースを耳にしました。
空家に泊めてお金が儲かる、経済効果が大きいということを声高に言っていますが、近隣住民の安全の保障まできちんと手が回っていないように感じます。そのため民泊には反対です。
改善策として、宿泊させる際に利用方法等をきちんと説明し、守らせる義務を貸す側に設ける方法があります。海外からの観光客との問題では文化の違いでゴミや騒音などが挙げられると思います。これらが守られないと、元から住んで生活している住民は非常に困ります。
必要に応じて罰則を宿泊者・運営者の両者に課したほうがいいです。具体例としては、罰金や状況によっては民泊許可の剥奪等です。
また、民泊の場合は周辺住民にきちんと説明・許可してもらう義務も設けるのも必要です。普通の住宅街で、いきなり近所の空家に毎日違う知らない人間が出入りすれば近隣住民は不安ですし、治安も心配になるでしょう。
近隣住民への説明と許可をきちんと取ることで、ある程度のトラブルを回避できると思います。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.