ネットで調べただけでは分からないその地域の特色を、そこに住んでいる人を通してより深く理解できると思うので賛成です。その地域に住んでいる人ならではのおすすめスポットなどをホテルや旅館よりも気軽に紹介することもできて、よりコアな情報を提供することができるのは魅力だと思います。
外国からの観光客にとっては、ホテル代に高額の出費をするよりも食事や観光にお金を使いたいという気持ちもあるでしょうし、実際に私が旅行に行ったときでもホテルは寝るときだけしか滞在しないので、宿泊費を削って他にまわしたいという観光客のニーズには合ったシステムだと思います。
泊める側がしっかりとゲストをチェックして危険を回避することは大変だと思いますが、オリンピックも近づいているのでこれからますます民泊を利用して日本に来る外国人観光客は増えてくると思います。
日本人でもまだまだ知らない日本はたくさんあるので、外国人観光客向けの都会の民泊も良いのですが地方の民泊というのもどんどん増えていってほしいと思っています。地域の方の家に泊まって話を聞いたりして、子どもたちに田舎の暮らしを体験させてあげられるのは貴重な経験になると思うのでもっと盛んになって浸透すると地域の活性化にも繋がるのではないでしょうか。
(40代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.