まず東京オリンピックを控えて、海外からの訪問者が加速的に増加していくことが予想されますが、それに対応するホテルや旅館の数が圧倒的に不足するという見解が出ています。これを解消する最も現実的な方法は民泊だと思います。政府や企業に何から何まで頼るのではなく、民間の民力を発揮する時が訪れたと考えることもできると思います。
今後、少子化で日本国民の人口が減少するにつれ、空き家の増加も予想されています。建物は人の出入りがないと、却って傷むものですので、この空き家を民泊に利用する事により、遊休不動産の活用のみならず、建物の寿命を延ばすことができます。なおかつ収入源にもなるので大いに活用すべきだと考えます。
また、外国人の中にも既存のホテルに宿泊し、通り一遍の無難なサービスを受けるより、本当の日本人のくらしを体験できる民泊に興味がある人が少なくありません。そういう人だから民泊を選択するということも出来ます。
いい意味でも悪い意味でもカルチャーショックを楽しみにしているのですから、それに応えてあげるシステムが必要だと思います。また宿泊料金も一般的には民泊の方がホテルよりも安いので海外の前途有望な若者に触れ合えるいい機会にもなります。これらの理由により民泊に賛成です。
(30代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.