日本において「日本は平和な国」というジンクスみたいなものは崩れつつあると思います。
見ず知らずの人間を気軽に自宅へ招待するという感覚は日本人にはあまりないものだと思いますので、例えば同じマンションやご近所に住む方が突然に「民泊」サービスをはじめたとしたら、かなり不安な気持ちになると思います。
日本人同士ならばともかく、民泊を利用する人は何も日本人とは限りませんし、コミュニケーションをしっかり取れる相手だとも思えません。それぞれの国の文化というものがありますので、日本人には当たり前のマナーや礼儀といったものが、他の国の人からすると全く当たり前なことではなく過剰反応だったり、逆に失礼な行いだったりするかもしれません。
ホテルへ泊まるのであれば、そういった文化の違いを分かった接客員が全てを世話するのだと思いますが、民泊は泊まる所だけを提供するというサービスですからそれ以外のサービスは含まれていませんよね。
同じマンションで民泊した相手が大騒ぎして近所に迷惑をかけていたとしても、そのことに対して誰が責任を取ってくれるのか不明ですし、もしそれが日本語が通じない相手であれば泣き寝入りして終わるだけかもしれません。
全ての国の人のマナーが悪いといっているわけではありませんが、何かあった時の事を考えると責任の所在が明確になっていないようなサービスには反対意見しかありません。
(40代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.