民泊を行えば宿が足りないという心配がなくなることから、大いに利用するべきだと思います。
利用者の中には、個人のお宅で寝泊まりをしたいと考えている方もいるでしょうし、女将さんのような人とふれあいたいと考えている人も少なからずいるはずです。利用者の立場から考えたときにも、民泊は大いに利用するべきだと思います。
そして、民泊は料金が安いということからも使い勝手が非常にいいので、観光客の増加にも一定の効果があるものだと思われます。観光地には一定の数の宿泊施設しかありません。土日や大型連休になると、これらの宿泊施設に泊まることができないとなると、遠く離れた宿泊施設に泊まるか、その地域へ行く観光をあきらめなくてはならないこともあります。
しかし、民泊で多くの施設を利用することができれば、希望の観光地に近い場所へ宿泊することも可能ですので、予定を変更することなく観光を楽しむことができます。利用者の立場からすると、これらの理由から民泊については賛成ができます。
次に民泊を経営したいと考えている人にとっては、規制が緩和されたことによって持っている土地を有効に活用できる経済的なメリットがあります。さらに、雇用の面を考えても民泊があると雇用環境が上向く可能性があります。
(20代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.