賛成派です。いつかは自分で仕事を作りたいと思っている私にとっては敷居の低い分野だと思っています。ただ旅館業の方やホテル業界の人にとっては脅威だと思います。きちんと定められた規定に乗っ取り、お金を掛けて内装をしているのに対し、民泊は今は殆ど違法の状態で運営されているのは問題だと思います。旅館法はもう何年も前に制定され、今の時代に合ってはいない所は改定を加えながら、民泊に関する規定もきちんとするべきだと思います。
今、問題になっているのは外国人のマナー程度ですが、火事や同じ家で事件があった時にきちんと対応出来る様にはしておく必要があると思います。今は過渡期で政府も頻回に条件を試行錯誤していますが、外国人のマナー、文化の違いの問題を込みにして考えても、観光産業で栄えていくのはいい事だと思います。
容易に宿泊施設を探す事が出来、格安で希望のエリアに泊まる事ができれば、観光で落とすお金の分も増える様にも思います。島国という土地柄、閉鎖的で新しい事に難色を示す風土がありますがこの分野は日本の新たな可能性を見出すチャンスだと思います。観光に来られる人が宿泊場所、料金も満足して自国に帰ってもらう事が次の旅行に選ばれる一因にもなると思っています。世界中で利用されている民泊はそれだけニーズがあると捉えるのは容易に考えが付きます。安全と安心を確保しながら、国外のお金を日本に落としてくれるのは日本にとってもいい事です。
法整備、最低限の規定等をきちんと盛り込み、それらをクリアしている標識、免許等を許可制や届け出制にする事で把握も出来るのではと思います。今の日本人が本職以外に収入を得る必要性を感じるには丁度良い分野だと思います。
(30代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.