「民泊」とってもいいシステムだと思います。
増え続ける空き家。高齢化が進み、核家族などで、空き家が多くなっているそうです。買い手がつかずに、放置されている家も多いようです。そういった問題を解決できますね。物件を扱っている側は、空いている部屋を有効活用できるし、泊まりたい人は、目的や予算にあった部屋をみつけやすくなると思います。
2020年の東京オリンピックにむけて、宿泊施設が足りない問題も、「民泊」を利用することにより、ほぼ解決するのではないでしょうか?宿泊先が増え、お値段的にもぐっと安くなるのであれば、利用しやすくなりますよね。海外からの旅行者も増え、観光事業が良好になり良い経済効果があると思います。
また、駅近くの既存の宿泊ホテルではかえって目的地へ遠回り、なんてことも、「民泊」を利用することにより解決できます。ただ、気をつけなければならないことがあります。ルールを明確にしておくことです。文化が違うと、ちょっとしたことでもトラブルになりがちです。民泊のサイトなどでのクチコミや、民泊先の詳しい情報などを利用者が判断し、気持ちよく利用したいものですね。写真つきで詳しく、クチコミがされていたりすると、安心度が高まります。
貸す側も、最低限の設備を設け、借りる側もマナーよく利用する。1度利用し、気に入れば、また泊まりたいと思い、リピーターが増えますし、クチコミサイトなどに情報があがれば、宿泊者も増えるでしょう。貸したい側、借りたい側の利害が一致する、すばらしいシステム。
犯罪や事故なく、広まって行って欲しいと思います。
(30代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.