夫の父が民泊を始めようとしていて、私も手伝うことになりそうだから賛成です。
義父が病気になって仕事を続けることができなくなってしまい会社を辞めたのですが、生活を維持していくために、たまたま以前勤めていた会社の社長が住んでいた戸建を譲ってもらっていて、この戸建を民泊として使うことになりました。私は民泊の予約受付や宣伝をしてほしいと言われたので承諾しました。夫や義父の実姉も加わってあれこれアイディアを出し合いました。
民泊を始めるにあたって自分なりに調べていろいろわかったのですが、まだ法整備が確立されていないので、マナーやルールが民泊を運営する側に頼る他なく、ご近所迷惑や宿泊客との間でトラブルになってしまうことが考えられるとのことです。
こういったトラブルはクレームや悪い評判に繋がって宿泊客が減るばかりか、最悪の場合民泊を続けることができなくなってしまうことも考えられますので、きちんと調べて対応策を講じるべきだと思いました。
幸い民泊の運営をサポートする企業もあり、セミナーを開いて正しい知識の下民泊を運営できるようなシステムもあるようなので、積極的に参加して情報を集めたいと思います。宿泊客が泊まってよかった、また来たいと思ってもらえるような民泊にしていきたいです。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.