民泊反対派です。
まず、民泊は旅館業法を守られていないところが多いためです。防災、防犯、衛生面など宿泊者の安全性を確保するための旅館業法。これを守っていないというのは、宿泊者の安全が保てるのだろうか?疑問です。
次に、民泊者のモラルが低いことがあげられます。マンションなどには、外国人民泊者が増えていますが夜中まで騒いでいたりゴミをベランダから投げ捨てるなどの行為が増えているようです。実際に私の近所でも、マンションの一室を民泊用と貸し出している人がいますが使用後が汚かったり騒音がうるさく近所からクレームがきたなどに頭を悩ませているようです。外国人に日本人は夜中まで騒がないとか、ゴミの分別をしっかりするとか日本人ならではのルールをしっかりと理解してもらい、民泊に泊まったからにはしっかりと実践してもらわないといけないと考えます。
2020年に開催される東京オリンピックに向かって、都内を中心に外国人向けの宿泊施設が不足することが予想されています。ホテルを新たに建てることなく、民泊を増やすことは確かに時代のニーズに合っているのかもしれませんがリスクや改善策を考えながら対応してほしいなと切に願います。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.