ホテルや旅館だけでなく、リーズナブルに宿泊できる民泊という選択肢があっても良いと思います。海外で急速に普及しているという事実がある以上、需要は必ずありますし、これからの日本の経済成長を考えても、シェアリングエコノミーは避けて通れないと思います。
海外の例では、自宅の空き部屋を民泊として利用し、年間300万円以上の副収入に繋げている人もいるそうです。
その話を聞いて、部屋に余裕があれば自分もやってみたいと思いました。あいにく空き部屋がないのでできませんが。

民泊の懸念点としては、やはり他人である以上、価値観の違いや文化の違いでトラブルにならないかということです。それから、言葉の違うことでコミュニケーションがうまく取れるかどうかも心配です。マナーの悪い方は利用しないでいただきたいと思いますが、良識のある方なら乗り越えられると思いますし、何よりメリットが大きいので歓迎したいです。

経済的な理由だけでなく、私自身、小さな子どもを育てる母親として、自宅にひっきりなしに外国人が泊まりに来たら、その方との交流を通じて子どもも国際的な感覚が身に付き、家にいながら留学できるような感じで教育的に良いのではと思います。以上より、民泊に賛成します。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.