民泊は現在のままではシステム上まだまだ課題が多いように感じます。今後100年を見たときに日本の人口はどんどん減少していくことになるため、必然的に空き家が増えていくと思われます。そのため治安などの安全管理を確立することができれば、将来的には考えられるかもしれませんが、今の日本では治安や犯罪面で不安があると思います。

東京オリンピックを控えるなか国際的なテロ事件なども増えており、そのような犯罪に民泊のシステムが利用されるリスクもあると感じます。また外国人旅行者であれば、言葉や文化の違いからトラブルに発展することもあると思います。

例えばマンションの一室を民泊として貸し出した場合、近隣にはそこで生活している方々がいるので、騒がれたりうるさくされた場合に困るのは近隣の方々です。
安らげる我が家の隣に外国人旅行者が頻繁に出入りしていては不安で落ち着けない方もいるのではないでしょうか。
ホームステイなどとは違い、安宿として民家を借りるのでは宿泊客のモラルに不安を抱えるのも当然かと思います。

モラルのない外国人旅行者のせいで、他の大多数の外国人旅行者まで誤解を受けるようなことはお互いにとってよくないことだと思うので、まずは安心できるシステム作りから始めることが重要だと感じました。
(40代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.