善福寺川沿いに広がる公園で善福寺川緑地とつながっています。
公園内には川にかかる12の橋と和田掘池があります。
和田掘池の中にはタナゴなどの小魚が住み、池の中の島には野鳥が住んでいます。
このあたりは土地が低く善福寺川が氾濫するため自然と池ができ、河川の改修工事をした際に公園と整備した人工池を作ったそうです。
釣り堀や売店もあり、善福寺川緑地からウォーキングやジョギングをしてきて一服するのにちょうどいい公園です。

さらに、弥生時代の族長の墓、大宮遺跡があり、公園の外には松の木遺跡があります。縄文から弥生時代にかけて杉並区のこのあたりで水田耕作が行われていたことを示す遺跡だそうです。
深い緑に囲まれた静かな公園です。
ベンチに腰掛けて水鳥を見ながら杉並の古代に思いを巡らせるのも楽しみ方の一つかもしれません。

アクセス情報

住所:東京都杉並区 大宮2-25
電話番号:03-3313-4247

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.