安く泊まれる、混雑する時期には助かる、という点では賛成ですが、総合的に判断すると、個人的には反対です。
まず、一軒またはアパート一室を提供した場合、備品を破損したり汚したりしないか、持ち帰られてはしまわないか、また、そのようなことが起こった場合、宿泊者が起こしたことなのか、それとも泥棒が入ったりしたのかといったことをどのように証明するのかという問題があります。
ご近所から騒音やゴミだしに関するクレームが来ることも容易に予想され、家主だけの問題で済まないことも必ず出てくると思います。

日本人に貸すにしてもトラブルはあると思いますが、外国人に貸す場合はなおさらです。マナーが悪いということばかりではなく、国によって常識は様々ですし、日本の家は海外から見ると独特な造りで、自国と同じようにはいかないことが多いので、家主一人がそういった問題を事前に回避するのはかなり大変なことだと思います。
自宅の一部分を開放する場合も、国際交流ができて良いという面もありますが、思わぬ危険に晒されることがないとは言えません。

このように色々と考えてみると、メリットよりもデメリットのほうが大きいのでは、と個人的には思います。もちろん、法が整備されて、お互いに安心して利用できるようになることが理想ですが、簡単ではないと思います。
(40代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.