日本の旅館、ホテル等は、おもてなしの大義名分のもとに、余計な付加価値を付けすぎている傾向にあると思います。多様なスタイルが乱立していれば、また話は変わりますが、全てが右に倣えのような気がしてなりません。

中には一宿一飯のみを提供して、基本的にセルフサービスの宿がもっとあってもいいと思います。これが多くの観光客、特に外国からの観光客に受け入れられるのであれば、民間の素人が宿舎を提供してもいいと思います。
現状、ユースホステルがその役割に最も近いと思いますが、いかんせん数が少なすぎます。また新たに旅館、ホテル等を建設する業者は、利幅の大きいサービス過多型の従前のスタイルに固執すると思います。
これからも増加する外国からの観光客を今よりも増やそうと思えば、もっと安く手軽に宿泊出来る施設を増やすべきだと思います。

従来の業者が反対するのは既得権益を守ろうとしているだけだと思います。日本はこれから観光立国としてのアピールを世界に発信すべきだと思います。
世界遺産も数多くありますし、世界の中でも安全な国なので、外貨を稼ぐ手段として最も適切な方法ではないかと思います。従って手軽に参入できる民泊をもっと増やしていくべきです。
(30代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.