訪日旅行者は近年増加傾向にあり、2020年には東京でオリンピックが開催されることもあって今後も海外からの旅行者は増えるであろう事が予測されています。そして現在日本は少子高齢化で年々人口も減少傾向にあり、経済面にもその影響は色濃く出始めています。そんな中で訪日旅行者が増加傾向にあるというニュースは、日本の社会・経済にとって一番の明るい話題だと個人的には思っています。
旅行客が増えれば日本の商品を買い、サービスを利用してくれる人も増える事になります。するとそれだけお金は循環し日本経済は活発に動くようになり、経済が動けば日本の景気も良くなっていきます。

日本の中でも国内・国外からの旅行客が多い京都などでは宿泊施設が不足している事が問題にもなっていましたが、日本が人口減にある今、五輪に向けて海外からの旅行客が増えるからといって宿泊施設を新たに建設するのは無謀な行いのように思います。

「民泊」という新しい宿泊の形をより積極的に活用していく事は、外から入ってくるお金で経済活動をより促進させたい日本人にとっても、安く泊まって宿泊費を浮かせた分で日本製品を購入したり日本の食事やサービスに使いたい訪日旅行者にとっても、お互いに利のある新たな宿泊の形だと考えます。なので私は賛成です。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.