民泊が日本で広がることで、宿泊地の選択肢が大幅に増えるからです。価格も従来よりも安く泊まれるところが増えるので旅行がもっと手軽に出来るようになりますし、実際に宿泊する部屋のオーナーさんとのコミュニケーションも必要となるため、人の温かみも感じられて良いと思います。

外国人観光客の方にとっては日本の暮らしを知ることが出来る良いチャンスとなります。ホテルや旅館に宿泊すると、ゲストとしての丁寧な接客を受けることは出来ますが、実際の日本の暮らしを体験することは困難です。

民泊が広まると犯罪等が増えて危険と感じている人もいるようですが、それはサイト登録時に宿泊地のオーナーの身元確認等を徹底したり、宿泊地の口コミが見られるようにしたりすることで改善出来ます。
また、安心感や安全性が気になる人は民泊を使わなければ良いのです。民泊が広がることは、それを嫌がる人にまで民泊の利用を強制するものではありませんから、選択肢が広がるという捉え方をすれば大丈夫だと思います。

もっともっと民泊が広がって、外国人旅行者が増えれば、経済的にも日本にとってプラスとなります。また、日本人も国内旅行がしやすくなるため、一人旅の旅行者も増えると考えます。
(20代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.