民泊は貸し出す側・借りる側双方にメリットがあるから賛成である。
借りる側にとっては、旅行で「宿泊費」という高い割合を占める費用を節約でき、節約した費用を観光など他の為に利用することができらというメリットがある。

また、ホテルでなく普通の住宅に宿泊することで、地元に密着した生活が体験できるのは普通の観光ではなかなか体験出来ない貴重な体験になると思う。
貸し出す側にとっても、自分が利用せず家賃を無駄払いするだけになる空室の部屋を貸し出すことにより、利益を生み出すというメリットもある。東京オリンピックを控え、訪日外国人が増加する一方ホテル不足が懸念されている現状において、民泊が広がるのは需給の不一致を解消する一つの方法になるのではないかと思う。
また、訪日外国人のみならず、旅行で訪れた日本人相手の民泊もすることも可能であり、コンサート等不定期に増えるホテル需要に対応させることはホテルを建設し、ホテル数を増やすことで対応することはすぐには難しいと予想される。
しかし、民泊という元々ある住宅を利用してサービスを提供することは新たな費用もかからず、現実的に短期的にも可能な方法であると思う。また、貸し出す側と借りる側で観光案内するなど交流することが容易になり、国際交流を広げる手段にもなりうると思う。
(40代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.