私は民泊に賛成です。なぜなら、今までホテルの宿泊料金が高い東京や大阪、名古屋などの大都市などで、宿泊したくてもできなかった人でも、民泊など安い宿泊施設することにより気軽に旅行に行けることが可能になるからです。

例えば、お金をあまり持っていない学生などの若い人でも、民泊を利用することによって気軽に旅行に行けるようになると思います。
確かに、民泊にはデメリットの面もありますが、これからの日本にとって民泊は大いにプラスに働くことになると思います。

まず、民泊が日本全国で認められることにより、今までホテルの無かった場所、つまり泊まる事のできなかった場所に行く人が増え、その場所で食事をしたりすることにより消費が増えることが予想されます。
また、ホテルや旅館などの宿泊施設を経営していない一般の人でも、部屋が余っている人が気軽に人に部屋を貸すことにより、お金を稼いだりするなど、新たな仕事の創出にもつながると思います。

また、2020年の東京オリンピックに向けて訪日外国人が増えている中で、ホテル不足問題を手っ取り早く解決する一番の方法だと思います。新しいホテルを建設するとなると、時間もかかり、ホテル不足問題に対して即効性がありませんが、民泊は今ある家や部屋を利用するので即効性があり、問題も素早く解決すると思います。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.