私は民泊には基本的に賛成ですが、民泊となる民家の周辺住民の生活が壊されないようにルール作りが必要不可欠だと思います。
ルールの内容は、
・民泊施設なのか、民家なのか一目でわかるように家の入口等に表示する。
→周辺住民に今、民泊営業中なのか営業外なのか知らせる為。

・利用者が周辺地域を徘徊し、住民に恐怖を与えないように民泊施設までの詳しい案内図を作成。
→周辺住民にとって急に知らない外国人が自分の家の周りをウロウロされるとビックリし警戒する。

・それぞれの民泊施設の周辺地域適したルールを作成。
→静かな地域であれば音量制限のお願いなど。
・多くのゴミも発生するので、新たなゴミステーションの設置
→地域住民が出すゴミより民泊利用者の出すゴミの量が遙かに多いので、別にゴミステーションが必要

などなど、民泊を進めるにあたりまだまだ細かなルール作りが必要です。

利用者にとって民泊は安くて泊れメリットが大きいようですが、受け手となる民泊施設周辺地域は今後対策を取らなければデメリットしかない状況に陥る可能性が大きいと思います。今後周辺地域に適したルールが適用され、上手に民泊を活用できれは地域活性にも繋がるはずです。
(30代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.