反対をする理由はテロなどで大変危険な世の中で、個人宅を貸した場合使用後に何か事件の痕跡があってもホテルの人のように細かいことにまで気がつかずに終わったり、事件に巻き込まれるケースなども出てくるのではないかと不安を感じるからです。犯罪者などの情報もわからずに安易に泊めてしまうのではないかと感じてしまいます。

それに安く借りれる方を利用客は選ぶため、ホテル旅館業界を利用する客が減ってしまうのではないかと思います。
そうなるとお金の流通などに関わってくるので不安を感じます。
他にも日本の住宅は海外の人にとっては利用しづらい点もあると思いますし、ホテル旅館のように英語、外国語のできる人物が常にいる状態の方が安心だと思います。
日本の常識などを事前に伝えることも大切だと思います。

上記の状態が改善されたとしても、個人的には反対です。
個人宅の誰もいない状態の家で何が起こるかはわかりませんし、常に警備の人がいるとは限らないので犯罪が起きる可能性が高まるのではないかと思うからです。

これから民泊が広がっていくのであれば、トラブルが起きないように利用客の個人情報のチェックや、犯罪が起きないように契約などをしっかりとして欲しいと思います。
(20代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.