民泊は最近始まったばかりのサービスであるため、法の整備が整っていません。それゆえ多くの問題が起こっています。例えば外国人客がその地域のルールを守らない、貸し出した部屋の一部が壊されたなどといったトラブルが考えられるのです。

個人住宅であるなら近隣住民とのトラブルはそこまで多くないかもしれません。ただマンションやアパートなどの共同住宅には共用スペースがあり、そこを民泊客が勝手に利用して住んでいる住民との間にいくつかのトラブルが起こったという話もよく聞きます。
そうした点を踏まえると民泊には反対と言わざるを得ません。現状ではトラブルが多いという話しか聞いたことが無いのです。
確かに地域の活性化には便利なサービスかもしれません。
しかしそこに元々住んでいる人が迷惑を被るのは納得がいきません。一番の問題は民泊に関する法律やルールなどが定まっていないことです。ゆえに多くのトラブルが発生してしまうのです。
ルールさえきちっと整えば、トラブルも減ると私は思います。そうなれば民泊というサービスに賛成してもいいでしょう。
ですが、今のようにトラブルが多発する状況が続くのであれば、むしろないほうが良いサービスだと思います。

(50代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.