利用者の目線で意見を言うと、どこかに泊まろうと思ったら都心部のホテルは価格が高騰していて庶民には手を出せる値段でなくなっていることと、ありきたりなホテルより民泊のほうが楽しいからです。一度関西に旅行に行った際に古民家を改装して作ったような、安い相部屋のところに泊まりましたが、旅の思い出としてとても楽しかったです。

知らない土地の地域に溶け込んで、まるで人の家に泊まっているかのような体験は貴重だと思います。日本に来る外国の方にも、日本の住宅街や商店街などの観光地でない素の暮らしを体験してほしいと感じます。
非常口や火災が起きた時の問題など、守らなければいけないルールを守らずに営業する業者はもちろん安くてもNGだと感じます。
いままでは民泊というものがメジャーではなかったから、そういった業者を厳しく取り締まり、かつ安全に泊まれる法がなかったのかもしれません。現在は民泊特区などのものも試験的に出はじめていると聞きますし、だんだんと東京オリンピックに向けて安全な宿泊先が整備されていくのではないかなと思っています。

これからの日本にとってのメリットは、例えば都心のホテル周辺だけでなく、民泊周辺にある商店街など、少しディープなスポットでの消費をしてもらえる事や、少し場所が離れていても安い民泊に泊まりたい、という人向けに少し田舎の地域に足を運んでもらえることでしょうか。それによって都心以外の地域が活性化したらいいと思っています。
(20代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.