私は民泊に関して賛成派でありますが、一般人の民家やマンションへ泊まるのは誰しも抵抗があり、特に女性に至っては家主の性別にも配慮をしなければならず異性の問題だけでもデメリットが存在し本来なら私は民泊に対しては反対したい所でしたが、民泊による第三者の仲介人がいればデメリットの多くは解消される為、民泊に対して賛成派と致しました。

例えば不動産会社が家主と賃貸契約者の仲介人となり、契約中も管理会社が間に入る事によって取り引き契約などが潤滑に行なわれておりますので、民泊に関しても宿泊に対して仲介業者などが間に入っている限りは民泊を利用して良いと思います。

仲介業者が第三者として間に入る事で、しっかりとしたルールや取り決めなども行なわれますので宿泊者と提供者共にお互いが安全で安心が出来る民泊となります。
デメリットだけではなく民泊をする事で、ちょっとしたホームステイの様な感覚を味わう事が出来て他人同士の会話で触れ合い常に宿泊者と身近に関わり合えますので人と話がしたい人が積極的に民泊に携わっても良いのではと思います。
宿泊者も家族の様な感覚で楽しむ事が出来て宿泊代も安く済むので旅行先などで民泊を利用した方が良い経験になりそうです。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.