私が民泊に賛成な理由は、最近増えている空き家の有効活用につながると考えたからです。日本では現在、多くの都市で空き家が増え、社会問題になっています。

古く人の住んでない空き家は自然災害などでの倒壊の危険や野生の動物の住処になってしまうなどの悪影響を与えます。
こういった空き家の増加の原因の一つが資産運用上の価値が低いことが挙げられます。古い建物のまま、買ってくれる人や借りてくれる人はおらず、建物を取り壊そうにもそのお金もなく、いざ建物を取り壊して土地が売れないと税金が建物があったときよりもかかってしまう。それがずっと立ったままでいつ倒れるかもわからない。
そんな状態が続くよりは改修してもらい法人経営の民泊として利用した方が周囲の住民のためにもなるのではないでしょうか。

民泊が広がることで地域の治安が悪化するのではという反対意見もありますが、空き家は存在自体がもともと治安の悪化につながる可能性がありますし、空き家を責任もって管理してくれる法人がいたほうが懸念されるような事件の発生も食い止められるのではないかと思うのです。騒音などを立てられるのではという心配もあるかもしれませんが、だったら宿泊者を年配の夫婦に限るなどすれば防げる問題ではないでしょうか。
(30代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.