民泊については賛成です。

まず東京にはこれ以上ホテルなどの宿泊施設を建設するための土地がありません。
もし大きなホテルを建設できたとしても、東京オリンピック以降も長期的に外国人観光客が訪れるとは限りませんので、廃業になるケースも予想されます。廃業されたホテルの引き取り手は見つかりにくいため、新しいホテルを建設する必要はありません。したがって、手っ取り早い方法として民泊を推奨します。

民泊として外国人を宿泊させることで、外国人と仲良くなり、その日本人はよりオープンなマインドを持つことができるようになります。
日本人は閉鎖的なマインドを持つ人が多いため、グローバル化社会に対応するためにオープンマインドを持つことは非常に重要と考えます。
英語圏に住み人を民泊させることができれば、英語能力向上にもつながり、子供の教育にも良い影響を与えるはずです。
また、日本では多くの企業で本業以外の副業を禁止しており、もっと収入を得たいと考えている人にとっては大きな足かせになっています。

しかし、民泊で得た収入はは給与数乳ではなく、雑所得として扱うことができますので、副業には該当しません。この不景気な時代に副業は非常に重要であるため、民泊を推奨します。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.