民泊には賛成です。なぜかというと、これから日本経済が伸びない中で4年後のオリンピックまで民泊が相当流行るだろうと予想されます。

ホテルの需要が追いついてないからです。仮に建てたとしてもオリンピック後は下火になると予想されるため、多くの企業は尻込みをしています。
ですから、金銭的に厳しいサラリーマンでも副業という形でビジネスを行うことができます。それらを通じて少しでも民泊が増えればより多くの観光客が日本に来てお金を使ってくれます。

ということは爆買いするアジア人などがさらに増えて、メーカーや工場、運送会社なども儲かります。
その利益の一部が税金として賄われることで将来にわたって何らかのプラスがあるはずです。
セキュリティーの問題などいくつかありますが、民泊はここ何年でなかなかなかった希望的話題だと思います。
上記以外にもその家を所有するオーナーと外国人旅行者と繋がりができて、素晴らしい国際交流も拡がっていくでしょう。世界平和にもなると考えられます。
また、日本家屋に泊まることで畳など素晴らしい日本文化を伝えたり継承するチャンスでもあります。
どこでどういう縁ができるか分かりません。
やはり、民泊にはたくさんのメリットがあって賛成です。
(30代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.