夏の天敵“蚊”!!
たかが虫刺されと侮るなかれ!ついつい掻き毟ってしまって跡が残ってしまっている方も多いのでは?
実は蚊に刺されやすい人とそうでない人がいるのをご存じでしたか?
外で楽しい時間を過ごす機会も増えてくる夏、万全な虫よけ対策で快適な夏を過しましょう♪

画像: 夏の宿敵を撃退!今年こそシッカリ虫よけ対策!!

蚊に刺されやすい人は決まっている!?

同じ場所で同じように過ごしていたはずなのに、自分だけ大量の虫刺され。
全く刺されない子もいるのに自分だけ何故???
そんな経験はありませんか?
“蚊に刺されやすい人”はどんな特徴を持った人なのでしょうか。

①O型の人

血液型だけで決まってしまうわけではありませんが、蚊に刺されやすい人にはO型の人が多いという傾向があります。
血液型で言うとO型・B型・AB型・A型の順なんだとか。

②体温の高い人

蚊は温かいものに寄ってきます。
お風呂上りや飲酒、運動後などは特に注意が必要ですね!

③汗をよくかく人

蚊は汗に含まれる乳酸に反応するため、汗の臭いにも敏感です。
汗をかいた時はこまめにふき取るようにしましょう!

蚊が寄り付かない人になるためには・・・

蚊の弱点・嫌いなものをご紹介しますので、ぜひご活用下さい!!

①苦手な色を選ぶ

意外や意外!蚊は濃い色・暗い場所を好みます。
色黒の人や黒い色の服を着た人、暗い場所に蚊は集まります。
アウトドアの際は白やパステルカラーなど、明るい色の服を選びましょう!

②苦手な香りで撃退

ゼラニウムやレモンユーカリなど、ハーブ系の匂いが苦手だと言われています。
また、蚊が苦手な臭いであれば何でも虫よけ効果アリ!
身近な物であれば、お酢やビールの残りをコップに入れて置いておくだけで効果があります。

③食事に気を付ける

食べ物は体臭を作ります。
蚊の苦手なハーブやパクチーなどを食べても効果アリ!
反対に、肉類・糖類・脂肪分の多い食事のあとは汗の臭いが強くなり、蚊に狙われやすくなります。

それでも刺されてしまったら・・・

いくら気を付けていても蚊に刺されてしまうことはありますよね・・・。
そんな時は早めの対策で早めに治しましょう!
手っ取り早く薬品で治してしまうのも良いでしょう。
常備しておくのを忘れた~!という人は以下を試してみて下さい♪

•空気に触れないよう、なるべく早く絆創膏を貼る
•すぐに患部を冷やす
•塩をもみこむ
•レモンの汁を塗る
•バナナの皮でこする

これなら小さなお子さまにもオススメですよ☆
楽しい夏休みをお過ごしください!

画像: それでも刺されてしまったら・・・
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.