民泊で外国の旅行者が日本にたくさん来るようになるのは、良いことが多いと思うので賛成です。
四方を海に囲まれた島国である日本が鎖国を解除して百年あまりの時がたちました。

年々、日本を訪れる海外からの旅行者が増えていて、東京オリンピックに向けてますます増えるでしょう。そうなると、宿泊施設の数が足りなくなるのは目に見えて明らかです。
今の日本は人口の減少という問題から、労働力の低下、空家率の上昇などさまざまな問題が派生して起こってきています。
このまま管理のされない空家が増え続け、人の目が少なくなることは犯罪率の上昇にもつながります。

そこで、使われていない空家を利用して外国の旅行者に泊まってもらう事で、宿泊施設が足りなくなるという問題が解消されるのではないでしょうか。
ホテルとは違った日本人の普段の生活を知ってもらうことで、互いをよく知るよいきっかけとなり、その積み重ねが世界平和へとつながるものになると思います。

民泊利用者の騒音やゴミ捨てなどマナーの問題がよく取り上げられている通り、実際は、まだまだ改善しなくてはいけないところがたくさんあります。
民泊の制度がきちんと整備され、広く認知されることが、日本人にも海外からの旅行者にとってもよりよいことだと思います。
(30代 女性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.