今後の日本では、東京オリンピックなどの大きな行事が増えていることや、近年日本を訪れる外国人が増えているなど、日本においては今後ホテルの需要が高まることが予想されます。

しかし、現在の日本においてはホテル不足が深刻で、ホテルを作ると言っても、すぐには作れません。つまり即効性に欠けると思います。
即効性の面から言うと、民泊はホテル不足の問題を解決する即効薬ではないかと思います。

また、民泊が広がることによって、ホテルとの競争が生まれ、お互いによりよくなろうと、価格の面やサービスの面などの向上が見込めると思います。
さらに民泊が広がることにより、新たな産業が生まれるので民泊に関して雇用が生まれたり、観光客が増えることにより経済も潤うのではないかと思います。
サービスを期待する人はホテル、コストを重視する人は民泊と利用が二極化していくといいと思います。
現在も、特に都市部においては、ホテル不足が深刻で、日本人の我々がホテルに泊まろうとしても、予約でいっぱいなどと言われ予約できないことがしばしばあります。
そうした問題を解決していくのが、民泊だと思います。
現在の日本においては、民泊は特別地域を除いて禁止されていますが、規制が緩和されて、日本中どこでも民泊が広がることを期待しております。
(40代 男性)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.