先日の6月22日、東武鉄道は伊勢崎線(東武スカイツリーライン)の「松原団地駅」(埼玉県草加市)の駅名を『獨協大学前駅』に変更すると発表しました。
副駅名は「草加松原」とし、2017年春には改称予定。
東武鉄道が駅名を変更するのは、東京スカイツリーの開業にあわせて2012年に「業平橋駅」から『とうきょうスカイツリー駅』に改称して以来となります。

画像: 1962年創設「松原団地駅」 東武鉄道が改称を発表!

「松原団地駅」の軌跡とこれから

松原団地駅はかつて”東洋最大規模のマンモス団地”と呼ばれた松原団地の最寄り駅として1962年12月に開業しました。
その後1964年に獨協大学が開学し、各種文化施設が整備され、一気に文化都市として発展しました。

画像: 松原団地

松原団地

現在、独立行政法人都市再生機構(UR)による松原団地の建て替えおよび市街地の整備が行われている最中。
2014年3月に旧日光街道の草加松原が国指定の名勝地“おくのほそ道の風景地”となったことを受け、当時から草加商工会議所を中心に駅名変更の声があがっており、更なる発展が期待されます。
駅名変更により地域のイメージアップと共に、観光地としてのPRにも繋がると考えられます。

画像: 「松原団地駅」の軌跡とこれから

草加駅の隣『獨協大学前(草加松原)駅』

そんな草加市の名物といえば・・・そう!“草加せんべい”!!

画像: www.soka-senbei.com
www.soka-senbei.com

草加駅からほど近い、創業明治34年の老舗“志免屋”さんをご紹介いたします!
せんべいの要ともいえる米選びからこだわり、創業当時から変わらぬ製法により、今もなお愛される味。
原料と製法にとことんこだわったからこそ、数あるせんべい屋さんの中でも長年支持される老舗となったのでしょうね♪

また、手焼き体験も気軽に行うことができ、観光客にも人気とのこと。
旅の記念にもなりますね♡

画像: www.shimeya.com
www.shimeya.com

志免屋 (シメヤ)
埼玉県草加市神明1-11-1
9:00~21:00営業

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.