お部屋探しに最適な時期はいつ??

梅雨時になり、天候も優れない6月ですが・・・
お部屋探しには最適!ってご存知ですか??
ココでは6月のメリットとデメリットをお伝えします!!

画像: 6月は『ジューンブライド』。新生活が始まる時期でもありますね!

6月は『ジューンブライド』。新生活が始まる時期でもありますね!

6月に引越しするメリットは?

メリット①
・物件情報が豊富
→6月といえば「ジューンブライド」の時期。
その兼ね合いもあり、カップルの方々がお部屋探しをするケースが増えます。
と、いうことは!元々別々で暮らしていたお部屋が空室になりますよね!!
おのずと物件が増えるわけです!
メリット②
・家賃相場が安い
→6月は梅雨時・・・
足取りが重い気持ちは十分にわかります・・・
ですが、そこで1歩踏み出してみてください!
何故かというと、家賃相場が比較的安価だから!
6月度は、物件オーナー側として「探す人が少ない時期」という認識があります。
家賃を高く設定してしまうと借り手が見つからないんですよね・・・
入居者見つからず家賃収入がが0円のまま・・・
よりも、通常賃料8割の金額でも入居してもらった方が、勿論良いわけですね!
メリット③
・キャンペーンが多い
→ここだけの話。
不動産業界は6月が決算月になる会社が多い傾向にあります。
業界的に物件を動かしたい理由がそこにあります!
なので、お得なキャンペーン等を6月限定で実施したりするんですよね・・・
良い部分だけではないので、ここからはデメリットです・・・。

メリットがあれば、もちろんデメリットも…。

デメリット①
・天候が崩れやすい
→そうです。やはり天候まではどうにもできません・・・
その影響で、退去時期がずれ込んだり、新築物件であれば完成時期が延びたりします。
上手くコントロールできない時期でもあります。
デメリット②
・人気物件がすぐ埋まりやすい
→探す人が少ないのに何故?と思った方へ。
実はこの時期、不動産のプロがお部屋探しをするケースが多いです。
何故か!理由は単純!お客様のご来店が通年と比較すると少ないから!
しかし、家賃相場が安かったり、キャンペーンを行っていたり、良い時期であることは明確です!
ちゃっかりと自分のお部屋探しもしてしまうんですね・・・笑
不動産のプロが探すということは、そう人気物件がすぐに埋まってしまいます!

結論!

勿論、引越しをする方の決断力は重要ですね・・・!!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.